ホーム » 次世代の視力回復施術リレックススマイルとは何なのか?!

次世代の視力回復施術リレックススマイルとは何なのか?!


  • 今話題のリレックススマイル!

これまでのレーシック手術も、劇的に視力を回復させるという意味では素晴らしい施術でしたが、角膜に深い傷をつけたり、過矯正のリスクというデメリットもありました。それらのデメリットを克服するために生まれたのがリレックススマイルです。
 

リレックススマイルはフラップがズレにくいのでしっかり狙った通りの矯正が可能。しかも切開する量が2ミリで通常のレーシックの1/10で良いので、傷口が小さいこともメリットです。通常のレーシック施術ではフタとなるフラップと呼ばれるものを作りますが、リレックススマイルはフラップを作りません!
 

リレックススマイルは、日本で2012年から行われていて多くの患者さんが受けている安心の施術です。
 

※新宿近視クリニックのリレックススマイル詳細はこちら

 
 

リレックススマイル(ReLEx smile)の3つの特徴!

 

【特徴1】切開量がレーシックの1/10

Relex smileリレックススマイルというのは目の視力回復手術として最近有名になってきた方法ですが、その最大の特徴と言ったら角膜の切開量が2㎜という圧倒的な少なさにあるでしょう。
 

通常のレーシック手術だと切開量は25㎜程度となるので、その切開量はおよそ10分の1となるので、手術に関しても目への負担がとても少なくなっているのが患者にとても嬉しい特徴となっています。
 

この術法はレーシックのような角膜を切り取るというものではなく、レーザーによって角膜に小さな切り口を作ってそこから角膜片を取り除くという方法になっているため、高い技術が必要ですが効果は高いものとなっています。
 

【特徴2】術後の見え方も改善!

目の視力回復手術においては、その後の見え方にも多少は問題が起こることもあります。従来のレーシックの場合でもハロやグレアといった光がまぶしく見えてしまったり、にじんで見えてしまうことがあり車の運転などに支障をきたす場合もありました。
 

しかしこのリレックススマイルでは上述のように非常に少ない角膜への侵襲のため、このハロやグレアもかなり起こりにくくなっているのが利点となっています。
 

また視力回復手術の直後には角膜を修復するまでの期間にドライアイになりやすくなるのですが、こちらも角膜をほどんど取らないために、手術後でも綺麗な視界を保つことができます。
 

【特徴3】激しい運動などにも適応!

以前までにレーシックによる視力回復手術では、角膜の上皮にフラップという蓋を作るためこれがずれてしまうと視力の調整が上手くいかなくなるという弱点がありました。そのため激しいスポーツなどをする人にはこのリスクが高く、レーシックはあまり向いていないということなのでした。
 

ですがこのリレックススマイルの場合にはフラップを作らないため、当然ですがズレも起こりません。そのために激しいスポーツなどをする人でも、視力回復とその後のスポーツ時の安定性などにも優れているというメリットがあります。特に激しいとされている格闘家などのスポーツにも十分に耐えうるという術式として最近では有名になってきています。
 
 

新宿近視クリニックでのリレックススマイルの様子


 
新宿近視のリレックススマイル無料検査WEB予約へ
 
 

リレックススマイル手術の流れ

リレックススマイルの手術の流れは、まずレーザーで角膜に薄い切片を作って、それを取り除くために切開を2mm行います。この切片を取り除けば視力が改善されているというとても短時間で行える手術です。
 

通常のレーシックでは、角膜を削りますが角膜を削ることはしないので安心して受けることができます。この際使われるレーザーの種類も異なります。
 

リレックススマイルでは、レーザーの熱が均一にしっかり照射できるフォルムセカンドレーザーと呼ばれるレーザーを使って施術します。周囲の環境に影響しにくいレーザーなのでしっかりと視力矯正ができます。
 

リレックススマイルの料金は、両目で35万くらいとなっています。高額ですが、レーシックの最上級のものと比べれば妥当な価格設定だとは思います。目の施術なのでより安全を追求すると、高額になってしまうのは仕方ないかもしれません。もとに戻りにくい視力矯正、過矯正にならない視力矯正ならリレックススマイルが良いでしょう。
 

新宿近視クリニック
※新宿近視クリニックのリレックススマイルの詳細へ

 

 

最近の投稿